勝手モデルコース 北海道の観光スポット

北海道観光モデルコース!車なし【冬×2泊3日】帯広→ぬかびら源泉郷(タウシュベツ橋梁ツアー)→旭川

投稿日:2015年10月29日 更新日:

そろそろ冬が近づいてきました。
どうせ寒いのなら、開き直って雪の降る北海道で「寒さ」「冷え」「氷」「雪」を満喫しましょうヾ( ̄◇ ̄)ノ◇"

と、いうことで、冬(厳冬期)の北海道観光のモデルコースを紹介します。
「モデルコース」と言っても、たんに管理人が2014年2月に旅したスケジュールをシェアするだけですが(笑)

北海道を冬に旅したいみなさまの参考になれば嬉しいです。




【1日目】帯広エリア観光

羽田空港から、とかち帯広空港へ飛行機でひとっとび(* ̄∇ ̄)ノ

1-1.とかち帯広空港→帯広駅へ/Tokachi Obihiro Airport → Obihiro Station by bus

とかち帯広空港から、帯広駅までは、バスで40分ほど。
飛行機の到着時間に合わせて、バスがでるのでたいへん便利
もたもたしていると、顰蹙買ったり、置いていかれそうですが

1-2.帯広駅周辺を観光/Obihiro Station area sightseeing

帯広名物「豚丼」/Butadon
帯広名物「豚丼」でランチして(JR帯広駅エスタ帯広西館内「ぶたはげ」さん)

六花亭の帯広本店「雪こんチーズ」/Obihiro limited sweet
六花亭の帯広本店限定の「サクサクパイ」「雪こんチーズ(写真)」が、食後のデザートにおすすめ

食後の腹ごなしに、25分ほど歩いて「十勝競馬場」へ
グーグルさんにきいたところ、公共交通機関がなさげです。
「歩くの苦手」な方は、タクシーでGO!!

about Walk 25 minutes or taxi

1-3.ばんえい十勝/Tokachi Racecourse

レースは、基本土・日・月のみ開催。
日よって開園時間が異なるのでしっかり確認していきましょう。

The race were held only Saturdays, Sundays and Monday.
Let's firmly confirm opening hours because it is changed depend on the day.

「ばんえい競馬」は、体重1トンを超える馬が重りをのせた鉄ソリを引いて直線コースで力とスピードを競う、世界でたったひとつの競馬です。
北海道開拓時代の農耕馬が現代のレースへ受け継がれ、今では北海道遺産になっています。

ばんえい競馬場のバックヤードツアー
14:00までに申込めば「バックヤードツアー」に参加できます(要参加費)
If you reach there until 14:00, you can join in the "back yard tour" (entry fee required)

重たいソリと重りをひいているので、早足ならばついていくことができます。
自分が購入した馬券の馬くんを、励ましながら追走するのも楽しい(* ̄∇ ̄*)
最終レースが19:40だったり、20:45だったりするので、夕方に着いても迫力のあるレースを見ることができます。

ばんえい競馬/Tokachi Racecourse
管理人は、ほどよいところで切り上げて、帯広食の探索へ

25分ほど歩いて帯広駅エリアへ
about Walk 25 minutes or taxi

1-4.帯広駅周辺で郷土料理に舌鼓( ̄¬ ̄)/Dinner in Obihiro station area

郷土料理居酒屋さんで「帯広」「北海道」しばりで夕ご飯!

郷土料理居酒屋さんで「帯広」「北海道」しばりで夕ご飯!
地元産野菜のシチューかグラタンです。
すみません。よく覚えていません。

1-5.帯広名物!北海道遺産「モール温泉」/Hokkaido heritage "Mall Spa"

天然温泉 ホテルパコ帯広」で、北海道遺産として希少な『モール泉』に日帰り入浴!
と、いうか「天然温泉 ホテルパコ帯広」の大浴場がモール泉なのです。
温泉情緒溢れるとは言いがたいですが、駅前でよい温泉が楽しめます(* ̄∇ ̄)ノ

徒歩数分の系列ホテル「ホテルパコ帯広2」「ホテルパコ帯広3」に宿泊しても、「天然温泉 ホテルパコ帯広」まで自力で数分歩けば、無料で日帰り入浴!できます。

「天然温泉 ホテルパコ帯広」さんたちは、リーズナブルな宿泊料なので、温泉大好きさんにおすすめです。

1-6.帯広泊/Stay in Obihiro


【2日目】ぬかびら源泉郷で、タウシュベツ橋梁ツアーに参加!→旭川へ

2-1.帯広駅バスターミナル→ぬかびら源泉郷/Obihiro Station Bus Terminal → Nukabira Spa by Bus(Reservations are required)

十勝バスさんが毎年開催している「【完全予約制】ぬかびら源泉郷バスパック」の「ネイチャー&温泉コース」を利用しました。
事前に申込みが必要です。
※帯広駅⇔ぬかびら源泉郷の往復バスとタウシュベツ橋梁へのツアーとぬかびら源泉(温泉)入浴がついたオトクなツアーです。
※モデルコースでは、帯広→ぬかびら源泉郷→旭川と移動するので、帰りの帯広へのバスには乗りません(お金は戻ってきませんが、別々に申込むよりずっとオトク)
※リンク先は2015年冬のものです。2016年冬のものは、2015年11月末にアップされるでしょう。きっと。

バスで約1時間20分
About 1 hour and 20 minutes by bus

2-2.湖上横断!冬のタウシュベツツアー/Lake crossing! Winter Taushubetsu tour

3時間30分/3 hours half

いよいよ「NPOひがし大雪自然ガイドセンター」さんの湖上横断!冬のタウシュベツツアーです。
※この記事をアップした日には、まだ2016年の予定はアップされていませんでした。しばしお待ちを。

スノーシューをはき、森を抜け、氷結した糠平湖上を往復約4キロメートルを歩く、ちょっとした冒険です。

湖上横断!冬のタウシュベツツアー/Lake crossing! Winter Taushubetsu tour

ワンボックスカーで、獣道の入口まで移動したあと、スノーシューをはき、森を抜けると
湖上横断!冬のタウシュベツツアー/Lake crossing! Winter Taushubetsu tour
氷結した糠平湖にでます。
カラフルなテントをはって、ワカサギ釣りを楽しむ方たちも(* ̄∇ ̄*)

真ん中でぽっこりしているのが、糠平でのみ見ることができる「氷キノコ(きのこ氷)」

湖上横断!冬のタウシュベツツアー/Lake crossing! Winter Taushubetsu tour
雪面が、キラキラしているのがわかりますかっ??

美しい風景をみていると、あっという間にタウシュベツ橋梁にたどりつきました

湖上横断!冬のタウシュベツツアー/Lake crossing! Winter Taushubetsu tour
橋からのぞく山の美しいこと
全景は見てのお楽しみ

2-3.ぬかびら源泉郷でお昼ご飯と温泉/Lunch and Spa in Nukabira

たっぷり歩いたあとは、ぬかびら源泉郷でランチを(バスパック料金とは別料金)

湖上横断!冬のタウシュベツツアー/Lake crossing! Winter Taushubetsu tour
地物中心の丼

そして、温泉へ
露天風呂でしっぽりしていたら、髪の毛が凍ってびっくり!でした

2-4.バスで旭川へ/To Asahikawa by bus(Reservations are required)

北海道拓殖バスさんの「ノースライナー」で旭川駅へ。
※このバス、よく遅れるそうです。管理人がお邪魔した時も遅れており「おいていかれたのでは?」と気が気ではありませんでした。
※1日1往復しかないので、乗りのがしたら大変です。きっちり予約を!

2時間40分
2 hours and 40 minutes

2-5.旭川に宿泊/Stay in Asahikawa

冬の旭川/Asahikawa in winter
白い旭川の町

旭川ラーメン/asahikawa ramen
凍るような夜には、やっぱり旭川ラーメン


【3日目】旭山動物園で、ペンギンのお散歩見学

3-1.旭川駅→旭山動物公園へバスで移動/Asahikawa Station → Asahiyama Zoo by bus

旭川駅前から、旭山動物園までバスがだいたい30分に1本でています。

40分
40 minutes by bus

3-2.旭山動物園/Asahiyama Zoo

旭山動物公園/Asahiyama Zoo
冬の旭山動物園と言えば、ペンギンさんのお散歩ヽ( ̄▼ ̄*)ノ
あまりのかわいらしさに、キュン死寸前でした

旭山動物公園/Asahiyama Zoo
もちろんペンギンさん以外にも、たくさんの動物たちがいらっしゃいます

狼さん(たぶん)と、目が合ってドキリ

3-3.旭山動物園→旭川空港/Asahiyama Zoo→Asahikawa airport by bus

旭山動物園⇔旭川空港1日1往復しかないので、時間を確認しましょう!

旭川空港から、東京へ。

3日間でいろいろ楽しめますよ♪

地方への旅なら【飛行機+宿のパック】がおすすめ

日本国内をリーズナブルに旅しよう!と思うなら、LCCを使うとたいへんお安く移動ができます。
ただ、LCCは、東京、大阪、那覇、札幌といった「大都市」のみ飛んでいます。

「帯広」「旭川」といった地方空港へは飛んでくれません(; ̄ー ̄A
そんな地方への旅でおすすめなのが【飛行機+宿】をあなたの好みに応じて選択できるパッケージプランです。

楽天市場、じゃらん(PONTA)なら汎用性のあるポイントが貯まるのでおとくです。

▼詳細は、それぞれの公式サイトでご確認ください。
【楽天トラベル】楽パック

じゃらんパック

※2014年2月に北海道旅したときのプランです。
※交通機関等、各施設の状況が変更になっている場合があります。
※必ず、事前に各施設、交通機関にご確認をくださいませ。




-勝手モデルコース, 北海道の観光スポット
-, , ,

Copyright© 日本「再」発見 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.