飫肥城下町を観光!名物・グルメなど4時間のモデルコース!?(宮崎)

飫肥は、1588年から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えたそうな。
武家屋敷、石垣、漆喰塀が残る町並みは、1977年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
油津からバスでアクセスして、約4時間観光をして、次の目的地「鵜戸神宮」へ向かいました。
モデルコースにはならないかも知れませんが、散策したコースをシェアします。





1.飫肥城下町を観光!4時間散策したコース

1-1.明治の外交官!小村寿太郎誕生の地

小村寿太郎誕生の地
小村寿太郎氏と言えば、明治末期に活躍をした外交官です。
飫肥は、小村寿太郎氏の生まれ育った場所なのです。

日本「再」発見は立ち寄らなかったのですが、移築された生家が徒歩圏内にあります。

▼小村寿太郎生家 |観光にちなんの旅 日南市観光協会
https://www.kankou-nichinan.jp/tourisms/260

1-2.タイルや、吊るし飾りに萌える!旧山本猪平家

タイルや、吊るし飾りに萌える!旧山本猪平家
明治40年代に豪商山本猪平が、隣接する小村寿太郎生家(上の写真)が没落したときに、土地を買い取り新築しました。
玄関のタイルのかわいらしいことと言ったら( ̄m ̄*)

タイルや、吊るし飾りに萌える!旧山本猪平家
蔵(かしら?)の中に収納されている食器類も見事でした。

1-3.【飫肥名物】元祖おび天本舗でおび天を!

【飫肥名物】元祖おび天本舗でおび天を
「おびの天ぷら」と言っても、天丼にのっているような天婦羅ではありません。
近海でとれた新鮮な魚のすり身に、豆腐や黒砂糖、味噌をまぜ合わせて作るそうな。
小腹がすいたときに、おすすめです。

1-4.飫肥の典型的な武家屋敷!豫章館

飫肥の典型的な武家屋敷!豫章館
豫章館は、飫肥藩の典型的な武家屋敷なのだとか。
建物はシンプルなつくりなのですが

飫肥の典型的な武家屋敷!豫章館
竹林や、お地蔵さんが見事でした。

1-5.飫肥城跡

飫肥城跡
豊臣秀吉氏から九州征伐の功績によって、伊東氏に飫肥城が与えられました。

飫肥城跡
旧本丸跡は林になっておりまして。
ここにお城があったなんて信じられませんでした。

1-6.飫肥 服部亭でランチ

飫肥 服部亭でランチ
日本「再」発見が、飫肥で一番気に入った場所がこの「飫肥 服部亭」です。
建物の奥に見える「つつじ」を眺めながら、ランチをできるなんて素敵♪と入店しました。

飫肥 服部亭でランチ
こんなに日本式の建物なのに

飫肥 服部亭でランチ
洋室があって、びっくり

飫肥 服部亭でランチ
料理はもちろん、器や盛りつけにも、なみなみならぬ美意識を感じました。
左奥に写っているのが「飫肥名物!厚焼き卵」です。

飫肥 服部亭でランチ
見目麗しいでしょ?
それでいて、堅苦しさはありません。

飫肥 服部亭でランチ
デザートには、お花がそえられていました

栄養補給のみならず、目と心の保養をすることができ、素敵な時間を過ごせました。

1-7.飫肥の守護神!田ノ上八幡神社

飫肥の守護神!田ノ上八幡神社
樹齢400年を超えるとされる楠が、凄い存在感を放っていました。

飫肥の守護神!田ノ上八幡神社
お参りもしていきましょう。

1-8.小村寿太郎氏を排出!旧藩校振徳堂

小村寿太郎氏を排出!旧藩校振徳堂
飫肥藩の藩校として天保2年(1831)に藩主祐相(すけとも)によって建築されたものです。
明治の外交官「小村寿太郎」が、ここで学びました。

1-9.またしてもタイル萌え♪旧高橋源次郎家

宮崎県内財界の重鎮だった高橋氏は、銀行の取締役や頭取などを歴任したそうで、貴族院議員を2期務めました。
そのような方の邸宅なので、風流です。
またしてもタイル萌え♪旧高橋源次郎家
お風呂の天井が丸みを帯びたつくりなっていたり。

またしてもタイル萌え♪旧高橋源次郎家
お風呂のタイルや、色使いもすてきです。

またしてもタイル萌え♪旧高橋源次郎家
この時期にしか見れないかもしれない五月人形が立派でした。

1-10.バス停の斜め向かい!商家資料館

バス停の斜め向かい!商家資料館
この自転車に乗りたかった。

1-11.【まるでスイーツ】おびの茶屋の厚焼き卵

【まるでスイーツ】おびの茶屋の厚焼き卵
「厚焼き卵」といっても、関東の甘い卵焼きでもなく、関西のだし巻き卵でもなく。
飫肥の郷土料理です。

【まるでスイーツ】おびの茶屋の厚焼き卵
卵と調味料を混ぜて、上のような道具でじっくりじっくりと焼くそうな。

1-11.飫肥城下町!観光のまとめ

約4時間かけて、城下町飫肥を散策しました( ̄▽+ ̄*)

食べ歩きスポットがたくさんあるし、古い建物は、かわいらしい面も持ち合わせており。
いたるところに「美意識」「矜持」を感じる飫肥城下町でした。
半日かけてのじっくり、ゆっくり観光をおすすめします。

2.飫肥へのアクセス

宮崎空港、宮崎駅からは

  • 日南線
  • バス

でのアクセスになります。

乗ってしまえば迷うことはないでしょうが、電車もバスも本数が少ないです。
事前に調べて、スケジュールをたてることをおすすめします。

▼路線図+時刻表へのリンク
https://www.jrkyushu-timetable.jp/jr-k_time/map_miyazaki.html

▼バスの時刻表
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/20101.html#9

【9-02 宮崎線・郊外線・コミュニティバス】宮崎駅、宮崎空港なら
【9-01 日南市内線】飫肥のみなら

3.【地図】飫肥など宮崎県日南の旅

One thought on “飫肥城下町を観光!名物・グルメなど4時間のモデルコース!?(宮崎)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です