油津の観光スポットは?車なしで散策したブログ(宮崎県日南市)

港町として栄えたレトロな油津を散策 九州 観光

宮崎県日南線を【車なし】で一人旅しました。
青島観光を満喫したあとは、日南線に揺られ「油津」までやってきました。
油津は、江戸時代に飫肥杉(おびすぎ)の積み出し港として賑わったそうな。
鄙びた味わいのよい街でした( ̄▽+ ̄*)

1.宮崎なのに「広島カープ」?油津の商店街。

宮崎なのに「広島カープ」な油津。
青島駅から、逆の電車に乗ってしまう!というハプニングに見舞われまして。
そして、次の電車が1時間後という「地方あるある」にはまり、油津にたどり着いたときには暗くなっていました。

あまり人気のない商店街には「広島カープ」のフラグが。
なぜ、宮崎に「広島カープ」?と思いますよね?
その理由は 広島カープの春季・秋季キャンプが、油津近くの「天福球場」で行われているから。

宮崎なのに「広島カープ」な油津。
翌朝、油津駅の駅舎をみたら、カープ坊やが微笑んでいました(* ̄ー ̄*)

2.日南の郷土料理「みやざき地鶏」を満喫

日南の郷土料理「みやざき地頭鶏」を満喫
宿泊先で教えていただいた地鶏の美味しいお店「日南館 本館」へ。
いつもならビールを注文するところ、「日向サワー」をチョイス。
鉄板焼きの地鶏の歯ごたえときたら。

つきだしのキャベツとキュウリを、お味噌でいただき。

日南の郷土料理「みやざき地頭鶏」を満喫
最後は地鶏いりの焼きそばでしめました。

3.fan!-ABURATSU- Sports Bar & Hostelに宿泊

fan!-ABURATSU- Sports Bar & Hostelに宿泊
この日は、油津駅から徒歩圏「fan!-ABURATSU- Sports Bar & Hostel」へ宿泊しました。

fan!-ABURATSU- Sports Bar & Hostelに宿泊
インスタ映えを狙い、どうにもなっていない朝ご飯♪

気合いを入れて、掃除をしている清潔さでした。

▼fan!-ABURATSU- Sports Bar & Hostel
http://www.fan-aburatsu.com/

4.港町として栄えたレトロな油津!車なしで徒歩で散策

飫肥杉を運搬するためにつくられた「堀川運河」を散策していたら、ガイドブックにのっていないすてきな神社をみつけました。

4-1.堀川運河エリアを散策

港町として栄えたレトロな油津を散策
翌朝、雨が降る中油津を観光しました。

飫肥杉造りの堀川資料館。
日本「再」発見が訪ねたときは、早朝で鍵がしまっておりました。
情緒ある建物を見ることができ、幸せ(* ̄ー ̄*)

港町として栄えたレトロな油津を散策
飫肥杉を運搬するために、堀川運河が江戸時代初期に造られたそうな。
この「堀川橋」は、明治につくられ今も現役の「橋」として活躍しています。

港町として栄えたレトロな油津を散策
堀川運河から離れ「赤レンガ通り」へ。
こうした赤レンガの倉庫は、飫肥杉の保管庫として使われていたとか。
そして、このあたりは、人々が生活する住宅地だ!と気がついたので、地元の方のお邪魔にならないように、ひっそり観光します。

港町として栄えたレトロな油津を散策
「赤レンガ通り」を抜けたところには、木造三階建てのモダンなお店が。

こうした古い建造物が、ふつうに残っているのが油津のよいところです。

4-2.神木に守られる吾平津神社

港町として栄えたレトロな油津を散策
堀川橋の対岸にあった神社が気になったので、参拝させてもらうことにしました。

港町として栄えたレトロな油津を散策
赤い鳥居をくぐり、階段をのぼると石の鳥居がありまして。
そして参道のど真ん中に神木が鎮座していました。

前日に訪問した「青島神社」と言い、こちらの「吾平津神社」と言い、宮崎の神社は樹木に守られています。

港町として栄えたレトロな油津を散策
本殿の前には、狛犬さんではなく、鶏さんと

港町として栄えたレトロな油津を散策
お猿さんが

港町として栄えたレトロな油津を散策
千本鳥居ならぬ3本鳥居が。

港町として栄えたレトロな油津を散策
夏みかんも神様を守っています。

小さな地元の方たちが大切にしているであろう神社で、観光名所ではありません。
せっかく油津を散策するなら、一緒に参拝することをおすすめします。

5.油津観光のまとめ

宿泊先を出発してから、ぐるっと散策して油津駅までの所要時間は約1時間でした。
観光地化していない素朴レトロな街並が好きになりました。

城下町「飫肥」や、宮崎の鉄板観光地「青島」から日南線や、バスに乗ってしまえば、さほど遠くありません。
時刻表を調べ、事前にスケジュールをたてることをおすすめします。

▼油津|観光にちなんの旅
https://www.kankou-nichinan.jp/area/aburatsu

6.油津へのアクセス

【宮崎空港から】日南線で約1時間半
【宮崎駅から】日南線で約1時間半

▼電車の時刻表
https://www.jrkyushu-timetable.jp/cgi-bin/jr-k_time/tt_dep.cgi?c=28820

▼バスの時刻表
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/20101.html#9

【9-02 宮崎線・郊外線・コミュニティバス】宮崎駅、宮崎空港なら
【9-01 日南市内線】飫肥のみなら

7.宮崎旅の地図

▼宮崎【車なし】一人旅のモデルコース?

宮崎観光(日南)のモデルコース【3泊4日】車なし!女性一人旅におすすめは?
2018年4月に、ジェットスター★さんの就航セールでチケットをゲットし、宮崎を公共交通機関で旅してきました。 車なしでも電車、バス、徒歩を駆使して観光できました。 モデルコースにはならないかも知れませんが、女性の一人旅におすすめの観光ス...

コメント

  1. […] 青島神社→港町・油津→飫肥城下町→鵜戸神宮と宮崎のよいとこどりをし、日南線で旅してきた「日本『再』発見」です。 次は、日向市駅でレンタルサイクル(自転車)を借り、サイクリングをしました(* ̄∇ ̄)ノ 日向市の三大観光スポット「馬ヶ背」「願いが叶うクルスの海」「大御神社」を目指しつつ、ときめいた場所に立ち寄りました。 9時過ぎに出発をして、13:15頃に戻ってくる4時間のモデルコースです。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); […]

  2. […] ▼もっと詳しく! 港町・油津を観光!堀川運河を散策しました(宮崎県日南市) […]

  3. […] 飫肥(おび)は、1588年から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えたそうな。 武家屋敷、石垣、漆喰塀が残る町並みは、1977年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。 油津からバスでアクセスして、約4時間観光をして、次の目的地「鵜戸神宮」へ向かいました。 モデルコースにはならないかも知れませんが、食歩き、ランチなどを満喫したコースをシェアします。 […]

  4. […] 港町・油津を観光!堀川運河を散策しました(宮崎県日南市) […]

タイトルとURLをコピーしました