宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture) 新潟の観光/モデルコース

国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている「宿根木」。
「宿根木」は、佐渡金山繁栄期(江戸時代)に、廻船業の集落として発展した「千石船と船大工の里」です。
なので「佐渡国 小木民俗博物館」には、復元された「千石船」が展示されていました。

しかし、古い建物好きの管理人は、1920年に建てられたという木造校舎に夢中ヽ( ̄▼ ̄*)ノ

佐渡国 小木民俗博物館@宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)

木製の机と椅子を持ってかえりたかった。
窓ガラスも昔ながらの均一でないガラスで、思わずにんまり。

佐渡国 小木民俗博物館@宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
廊下もガラス張りで、すてきです。

さて、レンタルバイク(郵政カブ)で移動すること約1分。
「宿根木」にたどりつきました。

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
軒がくっつきそうな苔むした通りを散策します。
石畳の真ん中がすり減っているのは、集落の方たちが長年にわたって、歩き続けたからですよね。

「おうちの中は、どうなっているのかしら?」と気になるのですが、ひとさまがそこで生活をしているので自粛。
管理人が訪ねた時は、3軒のおうちが公開されていました。
※有料

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
公開民家「清九郎(せいくろう)」は、外側は質素なのですが、内側は漆塗りだわ、床の間あるわで「中にはいったらすごいんです」でした

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
家の中に、井戸あったし。

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
「宿根木」の特徴のひとつは「石置木羽葺屋根」とよばれる屋根です。
写真の中程の屋根上に、石が置いてあるのがわかりますでしょうか?

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
路地裏をつたってたどりついたのが「三角の家」。
直線でできた三角ではなく、辺がふっくら丸みをおびているのが素敵。

JR東日本のCMやポスターで見たことがあるのではないでしょうか?

管理人が宿根木にお邪魔した時には、運良く「三角の家」が公開中で、中をみることができました(* ̄∇ ̄*)
案内人さんがいらして「物置のこの部分が、三角の頂点です」などと教えていただき、興味深かったです。

この「三角の家」は、おしゃれや、デザインで「三角」に建てたのではありません。
あまり家を建てることができる土地がなく、川の間の三角州にも家を建てなくては!で三角になったんだってさ。

2008年までは、ある女性(Aさんとします)が住まれておりました。
昔ながらの面影が残っている部屋もあれば、お風呂とか、キッチンなど水回りは、ごく一般的に近代化されています。

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
Aさんは早くに夫を亡くし、ヤクルトの配達だとか、塩屋さんだとか、いろいろな仕事をして4人のお子さんを育てたそうです。
高齢になって一人暮らしが難しくなったので、大阪の息子さんのところに引越しました。
そのさいに、この「三角の家」を村に寄附していったそうです。

名をなしたとか、有名になったとかではないのですが、Aさん、立派な方だったんでしょうね。

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
「三角の家」をでて、ぷらぷら歩いていると、軒下に扇形の飾りが( ̄口 ̄∥)
宿根木の方たちは、ほんとうに風流ですよね。

宿根木(新潟県佐渡島)/Shukunegi (Sado Island, Niigata Prefecture)
さて、県道45号線を超えて、海にでたところ、白い石柱が目にはいりました。
何でも昔の船着き場だそうです。

時代に応じて、家のなかは進化をさせつつ、変わらぬ風景を守っているのがすごいです。

“Shukunegi” has been selected as a conservation district of traditional buildings of the country.
“Shukunegi” was developed as a village of lighter industry in Sado mine prosperity period (Edo period).
It is amazing to have kept the unchanging landscape, althought they allowed to evolve in the house.

2015年8月25日 August 25, 2015

タイトルとURLをコピーしました