【冬の秋田+青森】五能線!ストーブ列車、樹氷【3泊4日モデルコース】/ 【Akita + Aomori in wonter】 Gonō Line! Stove train, snow monster[ four-day model course]

冬の青森ベイエリア 勝手モデルコース

自治体推奨の「観光モデルコース」は、どうしても県境をまたげなかったり、します( ̄‥ ̄;)
でも、自然やおいしいもの、人間に県境は関係ありません。
と、いうことで2013年冬に秋田県→青森県を旅したコースを、一部変更してシェアします。

管理人が旅した2013年とは、JRの停車駅、時刻表、バスの運行期間が異なっております。
現実的なコースに組み替えましたが、なんせ本数が少ないので必ず電車、バスのご確認をお願いします。


【1日目】深夜バスで、秋田へ/【Day 1】To Akita by midnight bus

深夜バス/midnight bus

→【楽天トラベル】高速バス・夜行バス
※長距離、長時間の移動になるので3列シートをおすすめします※

バス泊


【2日目】秋田駅観光→五能線(リゾートしらかみ)で五所川原へ/【Day 2】Akita Station sightseeing→Gonō Line (resort shirakami)→To Goshogawara

早朝に秋田駅着/Arrived at the Akita Station early in the morning

開いているお店を探して、朝ご飯を

徒歩18分(1.4km)

赤れんが郷土館/Red brick Local Museum

秋田市立赤レンガ資料館
旧秋田銀行本店本館を修復した重要文化財。
https://www.akita-yulala.jp/selection/5000011404

徒歩6分(450m)

秋田市民俗芸能伝承館(愛称 ねぶり流し館)/Akita City folk lore Museum

秋田市民俗芸能伝承館(愛称 ねぶり流し館)/Akita City folk lore Museum

秋田の夏の風物詩「竿燈まつり」を中心に、秋田の民族芸能を紹介されています。
https://www.akitafan.com/archive/tourism/443

旧金子家住宅/Old Kaneko house

旧金子家住宅/Old Kaneko house
江戸時代後期に質屋・古着商を開き、明治初期に呉服・太物(錦織物・麻織物)卸商を創業した豪商。
昭和57年まで、この店で商売が営まれたそうです。
家の中に「土蔵」があるのが珍しい

比内鶏の親子丼
お昼ご飯(ランチ)には、比内鶏の親子丼を!
※どこで食べたか記憶にありません

秋田県立美術館秋田市立千秋美術館千秋公園も人気です

To Gosyogawara by Gono line(resort shirakami)

14:17 JR秋田駅発の五能線(リゾートしらかみ)で五所川原へ
五能線
雪と海と太陽と動物の足跡に、うっとり(* ̄∇ ̄*)
この時間の電車だと、季節によっては、日本海に沈む夕陽を眺められます

17:49
五所川原駅

▼駅から近くて天然温泉があるホテルに宿泊
ホテルサンルート五所川原


【3日目】ストーブ列車で太宰治の生家→青森ベイエリア/【Day 3】To Dazai birthplace by the stove train → To Aomori Bay Area

津軽鉄道ストーブ列車に乗車/Stove train

金木駅|金木駅|ストーブ列車(津軽鉄道)
9:35 津軽五所川原駅発

ストーブ列車 20分
スルメをいただいたり、ほんわかしました。

9:55着
金木駅

徒歩6分 450m

太宰治記念館【斜陽館】/Osamu Dazai Memorial Hall【Shayou-kan】

太宰治記念館「斜陽館」
永遠の中二病:太宰治先生の生家です。
太宰治先生は、お金持ちの家に生まれ育ったようです。

https://dazai.or.jp/

帰りは、普通の列車で(苦笑)帰ります。
金木駅
11:49or12:51

津軽五所川原駅

徒歩5分 400m

立佞武多の館/TACHINEPUTA YAKATA

立佞武多の館
五所川原の夏の風物詩「立佞武多」を体感できる館です。
お昼ご飯は、展望ラウンジ「春楡」でいただき( ̄¬ ̄)
http://www.tachineputa.jp/index.php

津軽五所川原駅

電車で青森へ
五能線/奥羽本線
1時間半弱

青森駅

徒歩6分

古川市場「のっけ丼」/Furukawa market “seafood bowl”

古川市場「のっけ丼」/Furukawa market
丼にじゃんじゃん具材をのせてゆき、自分好みの「海鮮丼」をつくって、食べるのです( ̄¬ ̄)

https://nokkedon.jp/

ねぶたの家 ワ・ラッセ/Nebuta Museum ”Wa-rasse”

ねぶたの家 ワ・ラッセ/Nebuta Museum ”Wa-rasse”
はねたい!はねたい!!はねたい!!!

ホテルに荷物を置いて・・・

夜の青森ベイエリア/Night Aomori bay area

冬の青森ベイエリア
子供たちが「ねぶた」の原理でつくった「雪だるま」で、ライトアップされていました(2013年冬)
自分たちの土地のものを大切にする、ってよいですね。

青森まちなかおんせん/Aomori Machinaka Onsen

青森駅から徒歩圏内の天然温泉。
青森駅エリアのホテルに泊まったら、ここの温泉につかりにきましょうね。
https://aomori.atinnhotels.com/onsen.html

何でしたら、青森センターホテルに宿泊しても
Hotel&Spa 青森センターホテル


【4日目】スノーモンスターと酸ケ湯温泉/【Day 4】Snow Monsters and Sukayu Spa

バスにて出発( ̄^ ̄)ゞ
https://www.jrbustohoku.co.jp/

9:45 青森駅発

11:10 ロープウェイ駅前

八甲田ロープウェイで樹氷見学/Snow Monsters

http://www.hakkoda-ropeway.jp/
樹氷:スノーモンスター(青森県青森市)
圧巻。

12:45
ロープウェー駅前

バス

13:00

酸ケ湯温泉/Sukayu Spa

冬の酸ケ湯温泉(青森県)/Sukayu spa in winter(Aomori)
酸ケ湯温泉でゆったり
http://www.sukayu.jp/Tops/index

※酸ケ湯温泉の代名詞「ヒバ千人風呂」は混浴です。
※「ヒバ千人風呂」の女性専用時間は、午前8時~9時です。
※混浴が苦手な方は、男女別の「玉の湯」があるので、そちらをおすすめします。

15:25
バス

17:07
青森駅

深夜バスまたは、新幹線で帰宅
※深夜バスだと「4泊5日」になります。

タイトルとURLをコピーしました