大間港!佐渡金山を支えた人工港(新潟県佐渡島)/Oma Port (Sado Island, Niigata Prefecture)

大間港(新潟県佐渡島)/Oma Port (Sado Island, Niigata Prefecture) 新潟の観光/モデルコース

新潟県佐渡島の相川地区にある大間港は、佐渡金山の鉱石や資材の搬出入を目的に造られた人工の港です。
今となっては、当時の建物や設備の多くは、撤去されてしまったようですが、残っている遺跡もあるのです。

▼佐渡金山を観光したよ

史跡 佐渡金山を観光!おすすめスポットをシェア(新潟)
「佐渡島と言えば、金山があったよね」と思いだし(; ̄ー ̄A「史跡 佐渡金山」を訪れました。 営業時間内なら、いつでも見ることができる 道遊抗 明治官営鉱山コース 宗大夫抗 江戸金山絵巻コース の2コースを見学しました。 ...

大間港(新潟県佐渡島)/Oma Port (Sado Island, Niigata Prefecture)
重厚な赤煉瓦の建物(⸝⸝⸝°_°⸝⸝⸝)

大間港(新潟県佐渡島)/Oma Port (Sado Island, Niigata Prefecture)
赤煉瓦の建物の左側を歩いていくと「旧?大間港」にでます。
朽ちたコンクリの建造物や、鉄橋が圧倒的な存在感をはなっています。

どんな用途に使われていたのか?気になりますよね。
右側にあるような、すてきな(特にOMAの切り抜き、見えますか?)看板が、解説をしてくれます。

大間港(新潟県佐渡島)/Oma Port (Sado Island, Niigata Prefecture)
トロッコの線路のあとと、橋台たち
橋台の上に、橋が渡っていて、その上をトロッコがはしり、鉱石などを船に運んでいたのだとか。
これほどの建造物をつくり、使っていたとは、佐渡金山どれほど、栄えていたのでしょうか?
大間港(新潟県佐渡島)/Oma Port (Sado Island, Niigata Prefecture)

橋台が、まるで神殿の柱のようで、しばし見とれていました。

なんだか、糠平(北海道上士幌)にある「タウシュベツ橋梁」を思いだしました。

Oma Port in Aikawa, Sado Island, Niigata Prefecture is an artificial harbor.
It was built for the purpose,the loading and unloading of materials of Sado mine.

2015年8月27日 August 27, 2015

▼佐渡島をレンタルバイクでひとり旅!4泊5日コース

佐渡島(新潟)を一人旅!女性の観光モデルコース?(東京発4泊5日)
今回、東京から佐渡島へお邪魔しました。 「佐渡島観光のモデルコース」というより「日本『再』発見が一人旅したざっくりコース」です(⸝⸝⸝°_°⸝⸝⸝) 時間をたっぷりかけて、お金をかけないで、東京から新潟間は、高速バスで、新潟港から、...

▼YouTubeで「ニッポンを15秒でシェア」してます。

タイトルとURLをコピーしました