男木島【4時間】観光したコース!アート、猫以外も(香川県高松市)

男木島【4時間】観光したコース!アート、猫以外も(香川県高松市) 四国 観光

2013年5月に、高松→女木島(▶4時間観光したコース)→男木島→高松港と、高松から日帰り島旅をしました。
パソコン買い替えにあたり、写真の整理をしていたら、アップしていない画像がたんとでていました。
せっかくなので、4時間レンタルサイクルで4時間観光したコースをシェアします( ̄▽+ ̄*)
※現状はそれぞれのリンク先で確認を※

▼女木島を4時間観光したよ。

女木島を所要4時間で観光したコースbyレンタルサイクル(香川県高松市)
女木島は昔、鬼が住んでいた!と言う伝説のため「鬼が島」とも呼ばれています。 高松市の北約4kmに浮かぶ島で、高松港からフェリーで約20分でアクセスできます。 高松港(JR高松駅から徒歩2分)→女木島(4時間滞在)→男木島(4時間20...

1.高松⇔女木島⇔男木島へのアクセス

高松港から、フェリーで女木島へアクセス!20分の船旅
男木島(女木島も)へは、高松港からフェリーでアクセスできます。
高松港にはざっくり言うと

  • フェリーのりば
  • 高速船のりば

と、2箇所の船乗り場があります。

女木島、男木島へのフェリーは、フェリー乗り場ではなく、高速船のりば近くから出港します。
「フェリーのりば」に行きがちですが「女木島・男木島行フェリー乗り場」を確認しましょう(* ̄∇ ̄)ノ

高松⇔女木島⇔男木島へのアクセス
女木島からのフェリーは、男木島、男木港にある「男木交流館」に到着します。
建物そのものがアートです。
ここで、レンタルサイクルを借りたように記憶しています。
※公式サイトに掲載されていないので、要確認

▼女木島・男木島行きフェリーの時刻表
http://www.onigasima.jp/publics/index/24/

▼男木交流館 公式サイト
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kurashi/shimin_katsudo/shimindandai/sonota/ogi/index.html

2.男木島の名物は、タコ!タコの天ぷらをランチでいただき

男木島の名物は、タコ!タコの天ぷらをランチでいただき
食欲に導かれ、男木港の目の前にあったお店で「タコの天ぷら定食」的なものをいただきました。
管理人が訪問したときより、確実にカフェ、ランチできる場所が増えてます。
よりあなたにあったお店にであうために、事前に確認することをおすすめします( ̄m ̄*)

▼男木島.info
http://ogijima.info/eatandstay/

3.男木島の集落を散策

石垣×木造住宅!男木島の集落を散策
男木島は平地が少ないので、港のそばの斜面に肩寄せ合って暮しています。

石垣×木造住宅!男木島の集落を散策
石垣の上に、民家が建っているイメージです。

3.男木島のビュースポット!豊玉姫神社でお参り

男木島のビュースポット!豊玉姫神社でお参り
男木島のビュースポット!豊玉姫神社にお参りを。
参道を振り返ると、絶景が見えたらしいのですが、高い場所が苦手な管理人は足下ばかり見てたようで写真がなく(; ̄ー ̄A

男木島のビュースポット!豊玉姫神社でお参り
「男木島 路地壁面プロジェクト wallalley」で描かれた壁面と、鳥居と瀬戸内海とを撮影してきました。
※マネして撮った訳ではなく、偶然の一致

▼男木島 路地壁面プロジェクト wallalley
https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/ogijima/45.html

4.総御影石造りの洋式灯台!男木島灯台

総御影石造りの洋式灯台!男木島灯台
豊玉姫神社からレンタル自転車で15分弱、男木島灯台へたどり着きました。
右側に見えるのが「男木島灯台資料館」で、全国の灯台、男木島の歴史などが展示されています。

総御影石造りの洋式灯台!男木島灯台
1月下旬から3月上旬にかけては、男木島灯台のまわりには水仙が咲き誇るそうな。
お花好きなら、その時期を狙って男木島を訪問してもよいでしょう。

5.男木島と言えば。アートと猫!

男木島と言えば。アートと猫!
さて、男木島灯台を後にして、男木島の南側にあるアートを見に行きます。
昭和40年会男木「學」校では「小学校からやりなおせ」と言われました(苦笑)
侠気(おとこぎ)ムンムン。
男木島と言えば。アートと猫!
このあたりには、たくさんの猫さんがいらっしゃり。
東京の猫と比べると、痩せ気味で、スタイルがよい。

男木島と言えば。アートと猫!
油断しきってます。

男木島と言えば。アートと猫!
オブジェの「歩く方舟」が、海を渡ろうと、歩みを進めていました。

▼歩く方舟について
https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/ogijima/46.html

6.男木島の集落内にもアートが!漆の家は必見

男木島の集落内にもアートが!漆の家は必見
地元漆芸家たちが参加し、家屋を伝統的な漆芸技法でリノベーションしたそうな。
圧巻なのが、こちらの壁。
遠目に見ると「なんじゃそれ?」「ホタル飛んでる?」ですが

男木島の集落内にもアートが!漆の家は必見
アップしたのが、こちら。
漆を何回も重ね塗りをして、削ることで多彩な色を魅せているそうな

▼漆の家について
https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/ogijima/43.html

【まとめ】男木島4時間観光コース

【まとめ】男木島4時間観光コース
男木島を約4時間、レンタルサイクルで観光しました。
女木島とはフェリーで20分ほどの距離なのに、集落の風景がここまで異なることにびっくりΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

つくづく、人間の暮らしは地形に左右されると思い知りました。
が、それぞれの場所で、条件を活かした暮らしの場をつくつ智恵に圧倒されました。

【まとめ】男木島4時間観光コース
高松港から女木島、男木島は日帰り観光できます。
それぞれ異なるよさがあるので、一緒に観光することをおすすめします。

▼女木島を4時間で観光したよ。

女木島を所要4時間で観光したコースbyレンタルサイクル(香川県高松市)
女木島は昔、鬼が住んでいた!と言う伝説のため「鬼が島」とも呼ばれています。 高松市の北約4kmに浮かぶ島で、高松港からフェリーで約20分でアクセスできます。 高松港(JR高松駅から徒歩2分)→女木島(4時間滞在)→男木島(4時間20...

【地図】高松から日帰り!女木島×男木島の観光コース

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました