直島に月曜日から【1泊2日】観光したコース!マップあり(香川)

直島に月曜日から【1泊2日】観光したコース!マップあり(香川) 四国 観光

パソコンの買い替えにあたり、写真を整理していたら「直島」を見つけました。
2013年春に、ひとり旅で、観光してきました。
せっかくなので、1泊2日宿泊して(直島の定休日;月曜日に到着)観光したプランをシェアします( ̄▽+ ̄*)

1.【1日目】高松⇔直島へのアクセスは、フェリーor高速船

1-1.高松港⇔直島(宮浦港)へはフェリーor高速船でアクセス

高松港⇔直島(宮浦港)へはフェリーor高速船でアクセス
※上の写真は、乗船したフェリーです

高松港から直島(宮浦港)へはフェリーor高速船でアクセスしましょう。
違いは、下記です、

  • フェリー(片道):520円/約50分
  • 高速旅客船(片道):1,220円/約30分

それぞれが1本/2時間出港しているイメージです。

で、気をつけて欲しいのが、フェリーと高速船とでは乗り場が異なることです。
それぞれの乗り場は、徒歩3分くらい離れています。
管理人は18:00台のフェリーの乗るために、高速船乗り場に行ってしまって。

乗り場がふたつあることに気がつかず、フェリーに乗れませんでした。
直島行きの【フェリー】に、乗るのか【高速船】に乗るのか?要確認です( ̄^ ̄)/

▼四国汽船公式サイト
https://www.shikokukisen.com/instant/

2.直島・宮浦港周辺を徒歩で散策【月曜日でもOK】

直島・宮浦港周辺を徒歩で散策【月曜日でもOK】
13:30頃に直島の宮浦港に到着(午前中は高松の屋島を観光してました)
まずは、宮浦港付近を散策します。

海の近くにある「赤かぼちゃ」へ。
草間弥生さんのあまりに有名な作品です。

実はこちらの赤かぼちゃ、中にはいることができます。
おふたりの間に見える赤かぼちゃの穴から、手がでているのが見えますか?
実は、赤かぼちゃの中にも水玉があって、手を抜いていない

直島・宮浦港周辺を徒歩で散策【月曜日でもOK】
赤かぼちゃの中から見た、宮浦港。
奥に見える山は何でしょうか?

到着した日は月曜日で、宮島の定休日でして。
屋外の展示物なら、見えるよね!とベネッセアートサイトにある黄色のかぼちゃ「南瓜」までレンタサイクルで行こう!としたら、チャリンコ屋さんもお休みでして(苦笑)

▼直島に初めて来られる方へ ~まずお読み下さい~
http://www.naoshima.net/naoshima/
ええ。もちろん、読まないで直島へ行きましたっ( ̄▽+ ̄*)

気を取り直し、バスで黄色のかぼちゃへ向うことにしました。

▼島内のアクセス 直島町観光協会公式
http://www.naoshima.net/access/access_from/

3.黄色のかぼちゃ!南瓜などベネッセハウスミュージアム屋外作品を見学【月曜でもOK】

黄色のかぼちゃ!南瓜などベネッセハウスミュージアム屋外作品を見学【月曜でもOK】
バス停「つつじ園」から、南瓜へむかう途中にあった鳥居とお地蔵さん
航海の無事を祈っているのでしょうか?

直島に月曜日到着【1泊2日】観光したコース!マップあり(香川)
「赤かぼちゃ」があるのだから「黄かぼちゃ」かと思いきや「南瓜」by草間弥生氏。
周りの風景も、作品に含まれるのかも知れません。
ちなみに、南瓜の中にははいれません。

黄色のかぼちゃ!南瓜などベネッセハウスミュージアム屋外作品を見学【月曜でもOK】
へたの先にも水玉さんたちが描かれていました。

黄色のかぼちゃ!南瓜などベネッセハウスミュージアム屋外作品を見学【月曜でもOK】
カレル・アペル氏 / かえると猫
ニキ・ド・サン・ファール氏 / 会話
ニキ・ド・サン・ファール氏 / らくだ

カラフルでインスタ映えしそうな、オブジェがたっぷり。

黄色のかぼちゃ!南瓜などベネッセハウスミュージアム屋外作品を見学【月曜でもOK】
高台から桟橋を眺め

黄色のかぼちゃ!南瓜などベネッセハウスミュージアム屋外作品を見学【月曜でもOK】
高台に登ったり。
海に突き出た突起ごしの高松(方角的に、そうかと…)、

直島の定休日:月曜でも瀬戸内海の絶景、屋外アートなどを楽しめました( ̄▽+ ̄*)

▼ベネッセハウスミュージアム屋外作品について
https://benesse-artsite.jp/art/benessehouse-museum.html#outdoor-works

4.本村地区にある「ゲストハウス路地と灯り」に宿泊

本村地区にある「ゲストハウス路地と灯り」に宿泊
家プロジェクト南寺の目の前にある「ゲストハウス路地と灯り」にチェックイン。
築60年の家を改装したそうで、昭和レトロ好きにはおすすめです。
タイルだとか、ガラスの模様に萌えました。

▼ゲストハウス路地と灯りについて
https://www.agoda.com/ja-jp/guest-house-roji-to-akari/hotel/naoshima-jp.html

5.中奥 | Cafe Salon Naka-Okuでお食事

中奥 | Cafe Salon Naka-Okuでお食事
「月曜が定休日の直島」でもやっていたお店で夜ご飯をいただきました。

直島海苔と細切り大根の手巻きサラダ

中奥 | Cafe Salon Naka-Okuでお食事
若観門豆腐の冷奴
※直島塩ソラシオのにがりを使った豆腐

など、直島縛りでキメてみました( ̄▽+ ̄*)

▼現状は要確認
https://cafesalon-naka-oku.jimdofree.com/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89/

6.【2日目】家プロジェクトを鑑賞

「直島のアート」と言うと

  • ベネッセさんの美術館
  • 草間弥生氏のかぼちゃたち

が、注目を集めがちです。

が、本村地区の「家プロジェクト」のいくつかの展示も、管理人の心に残っています。

家プロジェクトを鑑賞
そのひとつがこちらの「南寺」。
ジェームズ・タレル氏の作品のサイズにあわせ、安藤忠雄氏が設計を担当した新築の建物だそうです。
って、今知りましたヽ( ̄ー ̄ )ノ

作品を鑑賞すると言うより、作品を「体感する」イメージです。

もうひとつが「石橋」です。
※建物の外観の写真すら、見つかりません(; ̄ー ̄A

千住三兄弟の長男;千住博氏の作品を鑑賞できます。
例によって、滝の絵なのですが、音と清涼感が感じられました。

他にも作品があるので、集落の方たちに配慮しつつ、大人な態度で鑑賞させてもらいましょう。

▼家プロジェクトについて ベネッセアートサイト直島
https://benesse-artsite.jp/art/arthouse.html

7.3アーティストの作品を恒久設置!地中美術館

3アーティストの作品を恒久設置!地中美術館
「自然と人間を考える場所」として、2004年に設立。
建物の大半が地下に埋設され、3アーティストの作品を高級設置するために、安藤忠雄氏が設計した建物も見物です。
瀬戸内国際芸術祭期間以外に訪問したせいもあり、たいへんすいておりまして。
ほぼ全作品を、一人占めできました。

3アーティストの作品を恒久設置!地中美術館
地中カフェからは、瀬戸内海の絶景を見ることができます。

3アーティストの作品を恒久設置!地中美術館
あの島へは渡れるのかしら?

3アーティストの作品を恒久設置!地中美術館
「地中の庭」には、モネの池(睡蓮咲いてませんが)がありました。

▼地中美術館 ベネッセアートサイト直島
https://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

8.直島・宮浦港から宇野港(岡山)経由で小豆島へアクセス

直島・宮浦港から宇野港(岡山)経由で小豆島へアクセス
地中海美術館から、直島宮浦港まで、ぜいぜい言いながら歩いた記憶があります。
直島銭湯「I♥湯」は、その名のとおり、銭湯で、入浴することができます。
ひと風呂浴びてみてもよいでしょう。

▼直島銭湯「I♥湯」
https://benesse-artsite.jp/art/naoshimasento.html

直島・宮浦港から宇野港(岡山)経由で小豆島へアクセス
直島の次には、小豆島へ渡ります。
が、直島⇔小豆島を直接結ぶフェリー、高速船はありません。

なので、
宇野港(岡山県)or高松港経由で向うことになります。
直島は、香川県ですが、岡山よりにあるので、宇野港(岡山)に近いです。

管理人は、宇野港経由で小豆島へ渡りました。
小豆島の池田港、草壁港へ行きたい方は、高松港経由、それほどこだわりのない方は、時刻表、価格をじっくり検討して、あなたにとってよりよい移動手段をみつけましょう。

8-1.直島(宮浦港)⇔宇野港⇔小豆島(土庄港)のアクセス

直島(宮浦港)⇔宇野港(岡山)【22本/日】

  • 所要時間;フェリーで20分/小型旅客船15分
  • 料金:フェリー・小型旅客船とも片道300円(深夜便は別料金)

▼直島(宮浦港)⇔宇野港(岡山)の時刻表
http://www.naoshima.net/access/access_area/

宇野港⇔(豊島2箇所⇔)小豆島(土庄港)【6本】

豊島経由で、小豆島へアクセスします。

  • 所要時間:フェリー約90分/高速船約60分
  • 料金:大人1,260円

▲宇野港⇔(豊島2箇所⇔)小豆島(土庄港)の時刻表
https://setouchi-artfest.jp/access/uno-teshi-teshi-sho.html

8-2.直島(宮浦港)⇔高松港⇔小豆島(土庄港)のアクセス

直島から高松港への船便の数は、宇野港のほうが多いです。
が、高松港⇔小豆島へのアクセスは、フェリー(土庄港のみならず、池田港、草壁港行きも)、高速船ともに、高松港からのほうが便利です。
夜に1泊して、朝小豆島へ向うなら、飲食店の選択肢が豊富な高松港をプッシュします。

直島(宮浦港)⇒高松港【10便】

 

  • 所要時間:60分
  • 料金:フェリー(片道)520円/高速旅客船(片道) 1,220円

高松港⇔小豆島【高速船16便】

  • 所要時間:約35分
  • 料金:大人片道:1,190円

高松港⇔小豆島(土庄港)【フェリー15便】

  • 所要時間:約60分
  • 料金:700円

▼高松⇔小豆島【土庄港】の時刻表
https://www.shikokuferry.com/timetable/takamatsu-tonoshou

高松港サンポートフェリー乗り場(香川県高松市)から小豆島へは、土庄港(とのしょうこう)・池田港(いけだこう)・草壁港(くさかべこう)行きのフェリー航路があります。
※小豆島各港への1日の便数は、土庄港行15便、池田港行8便、草壁港行5便。

▼高松⇔小豆島【池田港】の時刻表
https://ryobi-shodoshima.jp/time/kokusai_ferry/

▼高松⇔小豆島【草壁港】の時刻表
https://www.uchinomi-ferry.co.jp/

※いずれの航路も乗船時間約1時間、旅客運賃・車両運賃も同じです。

9.【マップ】直島を1泊2日で観光したルート

直島の定休日:月曜日に直島へ到着しましたが、月曜でも屋外にあるアート作品巡りを楽しめました。
直島観光を計画するあなたのお役にたてれば嬉しいです( ̄▽+ ̄*)

10.高松港発!日帰り旅した離島たち

高松港からフェリー(高速船)で旅したプランをまとめました。
モデルコースになるかは分かりませんが、参考になると嬉しいです。

女木島を所要4時間で観光したコースbyレンタルサイクル(香川県高松市)
女木島は昔、鬼が住んでいた!と言う伝説のため「鬼が島」とも呼ばれています。 高松市の北約4kmに浮かぶ島で、高松港からフェリーで約20分でアクセスできます。 高松港(JR高松駅から徒歩2分)→女木島(4時間滞在)→男木島(4時間20...
男木島【4時間】観光したコース!アート、猫以外も(香川県高松市)
2013年5月に、高松→女木島(▶4時間観光したコース)→男木島→高松港と、高松から日帰り島旅をしました。 パソコン買い替えにあたり、写真の整理をしていたら、アップしていない画像がたんとでていました。 せっかくなので、4時...
豊島(香川)と言えば、豊島美術館【レンタル自転車×3時間】で観光
エンジェルロードなど小豆島土庄港エリアを観光したあとは「豊島フェリー」で、豊島の家浦港へ。 14:00家浦港着で、17:20に高松港へむけて出発するまで約3時間、レンタサイクル(電動自転車)で、豊島美術館など豊島を観光しました。 1...
高松からエンジェルロードへ!小豆島を【3時間/日帰り】車なし観光!おすすめは?(香川)
香川県は、うどんだけではありません。 高松を拠点に、瀬戸内海の島々をアイランドホッピングしていく楽しみもあります。 今回は高松港からの日帰りで「小豆島」「豊島」の二島をひとり旅してきましたヽ( ̄▼ ̄*)ノ その【小豆島/3時間コース】...

コメント

タイトルとURLをコピーしました