加計呂麻島を日帰り観光(奄美大島発)地図(マップ)あり

加計呂麻島を日帰り観光(奄美大島発)地図(マップ)あり 九州 観光

渡連(どれん)集落と戦跡たち10数年ともに生きてきたパソコンとお別れするべく、写真の整理をしています。
奄美大島から加計呂麻島へ、日帰り旅した写真をみつけました。
せっかくなので、観光したコースを思いだしつつ、シェアします(* ̄ー ̄*)

1.加計呂麻島の生間港到着!緑と立ち枯れの樹木

加計呂麻島の生間港到着!緑と立ち枯れの樹木
奄美大島・古仁屋港から20分くらいフェリーに乗って、加計呂麻島の生間港に到着。
離島(奄美大島)の離島(加計呂麻)だけあって、ひとがいない。。。
立ち枯れの樹木たち、海に映る緑と雲とが独特の雰囲気を醸し出しています。

加計呂麻島の生間港到着!緑と立ち枯れの樹木
ムチャカナ神社で、祈りを捧げ

加計呂麻島の生間港到着!緑と立ち枯れの樹木
複雑な景色をおりなす海岸線を愛で

2.渡連(どれん)集落と戦跡たち

渡連(どれん)集落と戦跡たち
渡連(どれん)とよばれる集落のあたり。
木製の電柱がよい感じ(* ̄ー ̄*)
渡連(どれん)集落と戦跡たち
第二番砲台跡。
一、三などもあるようですが、この写真しか残っておりません。

渡連(どれん)集落と戦跡たち
世間なんかどうでもよくなるような、絶景を目の前に。
当時の方たちは、砲台のそばで何を思っていたのでしょうか?

渡連(どれん)集落と戦跡たち


こうした入り組んだ地形が故に、基地が設置されたのでしょう。
渡連(どれん)集落と戦跡たち
東郷元帥上陸の地
あの東郷平八郎元帥が、加計呂麻島へいらしてたようです。
上陸しただけで、石碑が建つのがすごい。

3.安脚場(あんきゃば)戦跡公園

安脚場(あんきゃば)戦跡公園
安脚場戦跡公園へやってきました。
ほんとうに、海岸線が複雑です。

安脚場(あんきゃば)戦跡公園
ゴツゴツしたコンクリが痛々しい

安脚場(あんきゃば)戦跡公園
床には、何が設置されていたのでしょうか?

安脚場(あんきゃば)戦跡公園
視界のよさときたら。

安脚場(あんきゃば)戦跡公園
草木に覆われ、自然に還っていくのでしょうか?

2018年10月時点で、がけ崩れのため、安脚場戦跡公園への道は通行止めとなっています。
復旧につきましては未定のようです。

▼鹿児島県観光サイト かごしまの旅
https://www.kagoshima-kankou.com/guide/51675/

4.諸純(しょどん)でデイゴ並木を眺めながら、焼きそばランチ

諸純(しょどん)でデイゴ並木を眺めながら、焼きそばランチ
5月末には、赤い花が咲くデイゴさんたち。

諸純(しょどん)でデイゴ並木を眺めながら、焼きそばランチ
花はなくとも(←ちょっと強がり)カクカクした枝の影が面白い
この奥に「男はつらいよ」の撮影で使われたリリーさんちがあるはずですが、行った形跡がありません。。。
※今は「伝泊」施設になって、宿泊できるようです※

諸純(しょどん)でデイゴ並木を眺めながら、焼きそばランチ
焼きそばを食べたお店が、2017年にリニューアルしたようです。
建物は、恐らくそのままですが、メニューがおしゃれになってます( ̄▽+ ̄*)

▼かなめちゃんのインスタ
https://www.instagram.com/kanamechan_kakeroma/

5.呑之浦の震洋隊基地跡

呑之浦の震洋隊基地跡
このあたりは、島尾敏雄文学碑公園で、記念碑もあったように記憶していますが、写真が1枚もありません。
興味のある方は、ぜひ。

その代わりと言っては何ですが、海の特攻隊「震洋」の基地跡がありました。
加計呂麻島で、そんなに戦跡めぐりをするつもりはなかったのですが、戦跡ばかり見てますね。

6.艦船用給水ダム跡@三浦

艦船用給水ダム跡@三浦
ビニールテープでかいたような「かくにん」に笑みを浮かべ

艦船用給水ダム跡@三浦
緑の水面に魅せられつつ、三浦地区にあった艦船用給水ダム跡にやってきました。

艦船用給水ダム跡@三浦
ダムの仕組みは、わからないのですが…

艦船用給水ダム跡@三浦
長い年月をかけ、自然に戻っていくのかもしれません。

7.大きな樹木に夢中!生間港から、フェリーで奄美大島へ帰還

大きな樹木に夢中!生間港から、フェリーで奄美大島へ帰還
ガジュマルですかね?
加計呂麻島の生命力を感じる樹木を撮影しつつ、生間港に戻ってきました
さあ、フェリーに乗って、奄美大島・古仁屋に戻ります。

8時間くらいの日帰りで、レンタルバイクで、これくらい加計呂麻島を観光できました。
そんなつもりじゃなかったのに、戦跡巡りになりました。

奄美大島を訪問したら、加計呂麻島へ最低で日帰りして、海岸線の複雑さと海の美しさに魅せられ、戦跡に思いを馳せましょう。

8.加計呂麻島の行き方・アクセス

8-1.奄美大島・古仁屋から、加計呂麻島へのアクセス

奄美大島・古仁屋から、加計呂麻島へのアクセス
奄美大島の南にある「古仁屋」から、フェリーまたは海上タクシー(定期)にで「生間」「瀬相」に渡ります。
ちなみに、奄美空港は、奄美大島の北にあります。
奄美空港⇔古仁屋間は、70km/1.5hくらいかかります。
管理人は、奄美大島で借りたレンタルバイクを積んでいったので、フェリーに乗りました。

▼本数が少ないので、時間を確認
https://www.kakeroma-welcome.com/shiptime
写真のタイムスタンプから察するに

  • 8:10古仁屋発の「フェリーかけろま」で出発
  • 16:30池間発の「フェリーかけろま」で帰ってきています

8-2.加計呂麻島内の交通

加計呂麻バス

バスがあるにはありますが、本数が少ないです。

▼加計呂麻島内のバスの時刻
https://kakeroma-bus.com/jikokuhyou.html

▼免許ない!なら、レンタサイクル
https://www.kakeroma-welcome.com/activity/1776.html

斜めに長い(40kmくらい)あるので、あちこち回りたい!なら、エンジンがついた乗り物をレンタルすることをおすすめします。

▼加計呂麻島内のレンタカー
https://www.kakeroma-welcome.com/access

8-3.奄美大島発!加計呂麻島の現地ツアーに参加する手段も

足がないけれど、加計呂麻島を満喫したい!なら、現地オプショナルツアーを活用する手もあります。

▼手軽な、日帰りプランも
【VELTRA】奄美大島発!加計呂麻島のツアーを探す

9.【地図/マップ】加計呂麻島を日帰り観光

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました