栃木(奥日光)+塔のへつり【1泊2日】秋に観光ツーリング

栃木(奥日光)+塔のへつり【1泊2日】観光ツーリング 北関東 観光

十数年ともに生きてきたパソコンを買替えようと、写真を整理しています。
2013年に栃木県、福島県(塔のへつり)を1泊2日観光ツーリングした写真がでてきまして。
モデルコースにはならないでしょうが(; ̄ー ̄A、ツーリングしたコースをシェアします。
観光メインなので、ドライブの方にも参考になると嬉しいです。

【1日目】栃木のミニ恐山?殺生石

栃木のミニ恐山?殺生石
ゴツゴツした岩の荒涼たる景色に「まるで恐山(* ̄ー ̄*)」と、ときめいた殺生石です
→青森の恐山(下北半島)を訪問した記事

栃木のミニ恐山?殺生石
異様な雰囲気に飲み込まれないうちに、出発しました。

▼殺生石について
https://www.tochigiji.or.jp/spot/6996/

2.【奇岩好き必見】天然記念物!塔のへつり

【奇岩好き必見】天然記念物!塔のへつり
ひとが削った訳ではなく、長い歳月をかけ造形された自然の芸術です。
「へつり」とは地元の言葉で断崖のことで、塔がならぶ断崖と言うことで、この名がつけられたそうな。

塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と名づけられました。
【奇岩好き必見】天然記念物!塔のへつり
橋を渡って、向こう岸に行くこともできます。
石が積み上げられていたり、祠があるので、ぜひ渡って見ましょう。

▼塔のへつり
http://www.aizu-concierge.com/spot/550/

【奇岩好き必見】天然記念物!塔のへつり
今回はバイクででかけましたが、塔のへつりには、電車(会津鉄道)でもアクセスできます。
紅葉すると、素晴らしい景色が眺められるそうな。
さらに、電車も一緒に記念撮影できたらいいですよ?
と言ういことで、会津鉄道の公式サイトのリンクを貼っておきます

▼会津鉄道
http://www.aizutetsudo.jp/station/tounohetsuri/

▼冬の塔のへつりをひとり旅♪

東武→野岩鉄道→会津鉄道【1泊2日】冬に沿線を散歩・観光【1日目】
パソコンの買替え前に、写真の整理をしています。 2014年2月に、ローカル線に揺られ。福島県会津、喜多方へひとり旅した写真がでてきました。 首都圏から東武鉄道→野岩鉄道→会津鉄道を経由して、福島県会津地方へ抜けるルートは、沿線の散歩...

3.屋根付バイク置き場あり!川治温泉一柳閣本館に宿泊

夕食がバイクキングで食べ放題
アルコールも、飲み放題
何と言っても、屋根付き駐輪場あり

と、食いしん坊、飲んべえ、バイク乗りに嬉しいお宿で、露天風呂もあって、価格もリーズナブル♪
高級感、豪華さはありませんが、「そこそこ」が好きな方に、おすすめできます。

▼詳細はこちら
【楽天トラベル】川治温泉 一柳閣本館

【じゃらん】川治温泉 一柳閣本館

4.【2日目】エメラルドグリーンの鬼怒川!龍王峡を散策

エメラルドグリーンの鬼怒川!龍王峡を散策
竪琴の滝
2,200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、
現在のような景観になったと言われています。

視界の中に、焦げ茶、緑、白しかないのですが、豊かです。
エメラルドグリーンの鬼怒川!龍王峡を散策
むささび橋から見た龍王峡
天気が今ひとつなのですが、霧がかえって神秘的(* ̄ー ̄*)

エメラルドグリーンの鬼怒川!龍王峡を散策
遊歩道の上をかろやかに歩き

エメラルドグリーンの鬼怒川!龍王峡を散策
虹見橋からみた龍王峡
岩の影から、仙人が姿を現しそうです。

エメラルドグリーンの鬼怒川!龍王峡を散策
虹見橋と虹見滝と、龍王神社とを欲張って一緒に撮影しました。

ぶっちゃけ、あまり期待していなかったのですが、ここは本当に言ってよかったです。
鬼怒川温泉、川治温泉に行くなら、ぜひ散策をしましょう( ̄Д ̄)ノ

▼冬の龍王峡

東武→野岩鉄道→会津鉄道【1泊2日】冬に沿線を散歩・観光【1日目】
パソコンの買替え前に、写真の整理をしています。 2014年2月に、ローカル線に揺られ。福島県会津、喜多方へひとり旅した写真がでてきました。 首都圏から東武鉄道→野岩鉄道→会津鉄道を経由して、福島県会津地方へ抜けるルートは、沿線の散歩...

▼龍王峡 公式サイト
http://www.ryuokyo.org/index.html

5.「明智平展望台」から、山々を眺めよう

「明智平展望台」から、山々を眺めよう
明智平ロープウェイに乗って訪ねる「明智平展望台」は、日光一の展望地だとか。
中禅寺湖・華厳の滝・男体山など雄大なスケールで見渡せるんだってさ。

明智平ロープウェイの写真はあるのに、展望台から見た景色らしき写真はなく。
たぶん、展望台にいかずに、明智平ロープウェイの写真だけ撮ったと思われ。
機会があったら、再訪問しましょう

▼明智平ロープウェイ公式サイト
https://www.nikko-kotsu.co.jp/ropeway/

6.どこまでが滝ですか?竜頭ノ滝

どこまでが滝ですか?竜頭ノ滝
左右の滝の流れが竜のヒゲで、竜の頭に似ているから、この名前がついたそうですが。。。

どこまでが滝ですか?竜頭ノ滝
滝越しに中禅寺湖や、山々が見渡せたり。

どこまでが滝ですか?竜頭ノ滝
岩を這うような滝を眺められたり。
滝のいろいろな姿を楽しめました。

▼竜頭ノ滝 公式サイト
http://www.nikko-kankou.org/spot/6/

7.中禅寺湖をめぐり神様が争った?戦場ヶ原

中禅寺湖をめぐり神様が争った?戦場ヶ原
この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。
神様がケンカですかいっ!?

中禅寺湖をめぐり神様が争った?戦場ヶ原
草紅葉が美しいヽ( ̄▼ ̄*)ノ

8.日光と言えば、湯葉!ゆばうどんを食す

日光と言えば、湯葉!ゆばうどんを食す
三本松付近に合ったレストランで、遅めのランチ♪
せっかく日光にきたのですもの、湯葉うどんを食しました。

9.華厳の滝を見て、帰路につく

華厳の滝を見て、帰路につく
奥日光一の観光スポット「華厳の滝」
テンション低めの写真なのは、どうしてなのでしょうか?

華厳の滝を愛でて、その後、高速道路にのり、東京まで帰ってきましたとさ( ̄Д ̄)ノ

【地図】奥日光ツーリング(栃木、福島)

▼YouTubeで「ニッポンを15秒でシェア」しています

タイトルとURLをコピーしました