四万温泉×冬の観光【2泊3日】徒歩で散策したモデルコース(後編)

北関東 観光

パソコンの買替えを前に、写真の整理をしています。
そうしたところ、2014年1月に四万温泉(群馬県)に【2泊3日】観光しつつ、湯治した写真が大量にでてきました。
せっかくなので、四万温泉 積善館に2泊して、観光したコースをシェアします。
今回は、後編です(* ̄∇ ̄)ノ

▼四万温泉×冬の観光【2泊3日】徒歩で散策したモデルコース(前編)

四万温泉×冬の観光【2泊3日】徒歩で散策したモデルコース(前編)
パソコンの買替えを前に、写真の整理をしています。 そうしたところ、2014年冬に四万温泉 積善館(本館)に【2泊3日】でプチ湯治した写真が大量にできてました。 四万温泉街を、徒歩で散策し、奥四万湖も訪問しています。 モデルコースになる...

【2日目】四万温泉と積善館を、1日中満喫

2-1.朝ご飯はおかゆ!湯治気分満喫

tabi55.asia/i-love-japan.info
カラダの内側から、穢れが抜けていく。

2-2.冬の四万温泉で滝めぐり観光

冬の四万温泉で滝めぐり観光
四万温泉街から、歩いていける範囲にいくつか滝がある!ときいたので散策にでかけました。

冬の四万温泉で滝めぐり観光
人間ではない動物が、跋扈していそうな遊歩道を歩き

冬の四万温泉で滝めぐり観光
氷柱に凍結した滝にでました(* ̄∇ ̄)ノ
ネットで画像を検索したのですが、なんせ冬の滝の画像がなくて、特定できず。
氷柱のカタチが面白くて、面白い。

2-3.四万温泉発祥の湯「御夢想の湯」に入浴

四万温泉発祥の湯「御夢想の湯」に入浴
永延3(989)年のころ、源頼光の家来がこの地(日向見)で夜を明かすことにして、一晩中お経を読んでいたそうな。
そうしたところ、夢の中に一人の童子が現れまして。
「あなたの読経の真心に感心し四万(よんまん)の病気を治す温泉を与えよう、われはこの山神である。」と神のお告げをしました。
目を覚ますと枕元に温泉が湧き出ていた!という伝説があるんだってさ。
そして、お堂を建て、本尊の薬師如来の像をまつったのが、日向見薬師堂で、御夢想の湯です。

四万温泉発祥の湯「御夢想の湯」に入浴
せっかく四万温泉にきたのですもの。
四万温泉発祥の湯に、つかってきました( ̄▽+ ̄*)

▼御夢想の湯
https://nakanojo-kanko.jp/shima/hotsprings/gomusounoyu/

四万温泉発祥の湯「御夢想の湯」に入浴
またしても、特定できない滝がっ。
四万ブルーの滝壺の美しさときたら。

御夢想の湯をでてから、十数分後に撮影しているので、摩耶の滝ではないでしょう。

2-4.積善館を背に右側も、四万温泉街があります

積善館を背に右側も、四万温泉街があります
積善館を背に直進する通りのみが「四万温泉街」と勘違いしていましたが、右側も四万温泉街ということに気がつきまして。
積善館を背に右側も、四万温泉街があります
四万川沿いの道を、散策をすることにしました。

積善館を背に右側も、四万温泉街があります
エネラルドグリーンの川の色が何とも美しい。

積善館を背に右側も、四万温泉街があります
何とも言えない温泉街の風景

積善館を背に右側も、四万温泉街があります
これも一種の「四万ブルー」なのかも知れません

2-5.とんかつあすなろさんで上州麦豚とんかつを食す

とんかつあすなろさんで上州麦豚とんかつを食す
積善館のそばまで戻ってきて、とんかつあすなろさんへ。
たぶん、とんかつをいただいたと思う。
分厚い。

▼とんかつ あすなろ
https://nakanojo-kanko.jp/shima/shops/%E3%81%82%E3%81%99%E3%81%AA%E3%82%8D/

2-6.積善館に戻って、温泉→昼寝を無限ループで繰り返す

積善館に戻って、温泉→昼寝を無限ループで繰り返す
お昼ご飯食べているのが、14:00頃で、次の写真が、上の夕ご飯。

4時間くらい、温泉につかって、昼寝。
起きたら、温泉につかって昼寝。
と言うのを、無限ループで繰り返していたように記憶しています( ̄▽+ ̄*)

▼もっと詳しく!四万温泉積善館について
【楽天トラベル】四万温泉 積善館本館

【楽天トラベル】四万温泉 積善館 佳松亭・山荘

【じゃらん】四万温泉 積善館本館

【じゃらん】四万温泉 佳松亭・山荘

【3日目】四万温泉 積善館から東京へバスで帰還

3-1.混浴の岩風呂は、5-9:00AMは女性専用!

本館にある混浴の岩風呂は、男性専用時間、女性専用時間があります。
女性専用時間は朝の5-9:00AMです。
「混浴苦手」な女性は、朝風呂をおすすめします。

3-2.朝ご飯も湯治!カラダの内側からキレイになれるかも?

朝ご飯も湯治!カラダの内側からキレイになれるかも?
現代の湯治食をいただきます。

3-3.チェックアウトまで、温泉三昧!元禄の湯で朝温泉

宿泊のおすすめ!夜の四万温泉
※積善館さんの公式サイトのフォトギャラリーからいただきました。

東京に帰るまで、もうひと風呂浴び、英気を養います( ̄^ ̄)ゞ

3-4.悲しいけれど、四万温泉積善館を出発

悲しいけれど、四万温泉積善館を出発
雰囲気のある受付で、チェックアウトをすませ。

悲しいけれど、四万温泉積善館を出発
ちなみに、川を挟んで建ち並ぶ「前新(1階が元禄の湯)」と「向新」をつなぐ「廊下橋」は登録有形文化財。
趣がありますよね。

悲しいけれど、四万温泉積善館を出発
そして、2泊した四万温泉 積善館をあとにしました(ノ_・。)

この記事を書いていたら、また訪問したくなりました。
こうして、人生の宿題が増えていく。

【地図】四万温泉×冬の観光【2泊3日】徒歩で散策したモデルコース

コメント

  1. […] 四万温泉×冬の観光【2泊3日】徒歩で散策したモデルコース(後編)パソコ… […]

タイトルとURLをコピーしました