大神名物!カーキダコ丼@おぷゆう食堂

宮古島エリア 沖縄の観光スポット

大神島へ日帰り観光!カーキダコ丼で遅めのランチ(宮古島/沖縄)

投稿日:

下地島空港に到着後、バスで宮古島へ移動して、レンタルバイクをピックアップしました( ̄^ ̄)ゞ
ハンセン病歴史資料館(南静園)へ立ち寄ったあとに、大神島への船がでる島尻港へ向かいました。
大神島は宮古島にとっての、沖縄本島の久高島のような存在で、神聖な地として崇められているそうな。
少々ビビりつつ【13:30島尻港発!15:10大神島発】で、観光してきました。

1.大神島へのアクセス

1-1.大神島へのアクセス!基本情報

宮古島の島尻港から船「スマヌかりゆす」に乗って約15分。
夏には1日5往復、冬には1日4往復なので、前もって時間を調べておきましょう( ̄ー ̄)o゛

▼大神島アクセス(自治会監修のHP)
https://o-gamijima.com/sub4.php

1-2.宮古島:島尻港発!船「スマヌかりゆす」で、大神島へアクセス

宮古島:島尻港発!船「スマヌかりゆす」で、大神島へアクセス
パーントゥで知られる島尻集落にはいると「島尻港」への看板がでているので、それにしたがえばたどり着けます。
駐車場があるので、自動車を停めて、船で大神島へアクセスも大丈夫でしょう。
島はさほど広くないので、歩いて観光できます。
日本「再」発見は、レンタルバイクを駐車場に停め(バイク置き場らしきものはなかった)、船で大神島へ向かいました。

右奥に見えるのが、チケット販売所です。

宮古島:島尻港発!船「スマヌかりゆす」で、大神島へアクセス
「大神」のロゴがすてきだこと。

宮古島:島尻港発!船「スマヌかりゆす」で、大神島へアクセス
「スマヌかりゆす」の中は、こんな感じです。

宮古島:島尻港発!船「スマヌかりゆす」で、大神島へアクセス
出港して約15分。
オキコパン:塩バニラを頬張っていると、あっという間に大神島へ到着しました。

1-3.大神島、入島料100円かかりました

大神島、入島料100円かかりました
桟橋をわたると

宮古島:島尻港発!船「スマヌかりゆす」で、大神島へアクセス
入島料の協力をお願いされるので、潔く支払いましょう( ̄ー ̄)o゛

大神島、入島料100円かかりました
大神島の観光地図。
日本「再」発見は、港を背にして右側、多目的広場のほうへ向かうことにしました。

2.大神島には、奇岩がいっぱい!

大神島には、奇岩がいっぱい!
港近くにあった、奇岩群。
同じ船に乗ってきた方達と比較すると、その大きさがわかります。

大神島には、奇岩がいっぱい!
もの思いにふける羊さんに見える岩

大神島には、奇岩がいっぱい!
土台部分が削れている岩たち

大神島には、奇岩がいっぱい!
巨人たちがケンケンパーしていそうな、飛び石たち

奇岩好きな、日本「再」発見は、岩を眺めているだけでご機嫌でした。

3.島一番の高台!遠見台を目指す

島一番の高地!遠見台を目指す
港付近まで戻り、遠見台を目指します。
平良市だっときに小学校ができ、宮古島になったあとに中学校ができ、そして、両方ともなくなったのでしょうか?

島一番の高地!遠見台を目指す
集落を抜け、遠見台の麓にやってきました。
要所要所に「遠見台はこちら」と案内があるので、迷うことはないでしょう。

島一番の高地!遠見台を目指す
遠見台からの眺め
さきほど散策していた場所を俯瞰できます。

島一番の高地!遠見台を目指す
遠見台から集落に戻る途中で、猫さん発見
かまってほしくて「にゃーにゃー」言ってみたら

島一番の高地!遠見台を目指す
ものすごい睨まれました(*ノ-;*)
島一番の高地!遠見台を目指す
ハイビスカスの奥に海が見える、沖縄の風景

4.大神名物!カーキダコ丼@おぷゆう食堂

大神名物!カーキダコ丼@おぷゆう食堂
朝から、パンしか食べていないのでお腹が空きました。
大神島唯一の食堂:おぷゆう食堂のテラス席で、カーキダコ丼をいただきました。

写真を撮っているのが、船の出航10分前。
奇岩を眺めながらの大急ぎの食事で、タコの独特の歯ごたえが美味しゅうございました。

5.「スマヌかりゆす」で、島尻港(宮古島)へ戻ります

「スマヌかりゆす」で、島尻港(宮古島)へ戻ります
何とか船の出港時間に間に合わせました。

大神島の港を背にして左半分をみていなかった、日本「再」発見です。
またきてね、と言うことだと解釈しました。

5.大神島含む!宮古島エリア観光マップ










-宮古島エリア, 沖縄の観光スポット
-,

Copyright© 日本「再」発見 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.