勝手モデルコース 東京まち歩き★おすすめコース/Tokyo walking ★ Recommended course 東京都/Tokyo 青梅市/Oume-shi

東京山歩き【昭和レトロな青梅編】/Tokyo retro hiking [Ome ed]

投稿日:

今回は「東京まち歩き」というより「東京ハイキング」です。
山歩きで、マイナスイオンを浴びたあとは、青梅駅エリアで昭和レトロな町並みを散策します。
さほどしんどい「山歩き」ではないですが、山道を歩ける靴で行きましょう。
※目安の時間は、GOOGLEさん、パンフレットなど参照( ̄^ ̄)ゞ

This time, it is "Tokyo hiking" rather than "Tokyo walking".

【スタート】JR御嶽駅/【Start】JR Mitake Station

JR新宿駅から、JR中央線、JR青梅線と適宜乗り継ぎ「JR御嶽駅」へ。

バス(御10ケーブル下行) 10分/Bus 10 minutes
※バスは30分に1度くらいの頻度です→時刻表

バス停:ケーブル下(バス)/Bus stop: under Cable


徒歩 2分

ケーブルカー:滝本駅/Cable Car: Takimoto Station

朝や夕方は20分も1本、それ以外は30分に1本→時刻表

ケーブルカー 6分/Cable Car 6 minutes

ケーブルカー御岳山駅/Cable Car Mt. Mitake Station

ケーブルカー@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)
ここから、山の上の集落、宿坊を抜け、武蔵御嶽神社を目指します。
※ぐるっと山道を散策して、駅まで戻ってくるまで約2時間半です※
※名木好きな方は「産安神社」を訪問することをおすすめします※

御嶽汁@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)
小腹がすいたので、御嶽名物「御嶽汁(300円)」を、景色を眺めながらいただき

宿坊@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)
信教の対象となる山だけあって、宿坊がたくさんあります。

→宿坊は【楽天市場】で探せます。


武蔵御嶽神社@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)

武蔵御嶽神社/Musashi Mitake Shrine

武蔵御嶽神社でお参りをして、いよいよ本格的な山道にはいっていきます。
ちなみに、武蔵御嶽神社前の商店街を過ぎると、自動販売機、お店がないので、飲物などは、このあたりで調達しておきましょう。

七代の滝@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)

七代の滝/Nanadai Waterfall


ロックガーデン@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)

ロックガーデン/Rock garden


綾広の滝@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)

綾広の滝/AyaHiro Waterfall


御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)
木漏れ日の眩しい散策路を抜けると・・・

商店街@御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)
武蔵御嶽神社前の商店街へ
日帰り温泉もあるので、ご飯食べつつ(景色のよいところでお弁当!もよいでしょう)、ゆっくりするのもおすすめです。

ケーブルカー御岳山駅/Cable Car Mt. Mitake Station


ケーブルカー 6分/Cable Car 6 minutes

ケーブルカー滝本駅/Cable Car: Takimoto Station


徒歩 2分

バス停:ケーブル下(バス)/Bus stop: under Cable


バス(御10ケーブル下行) 10分/Bus 10 minutes
※バスは30分に1度くらいの頻度です→時刻表

JR御嶽駅/JR Mitake Station

ここからJR青梅線にのってJR青梅駅へ

JR青梅線 20分/train 20 minutes

JR青梅駅/JR Ome Station

昭和レトロな町並み(東京都青梅市)/Showa Retro streets (Ome,Tokyo )
青梅駅の改札では、バカボンのパパ(赤塚不二夫先生:原作)が、迎えてくれます。

昭和レトロな町並み(東京都青梅市)/Showa Retro streets (Ome,Tokyo )

道沿いには、昭和レトロな看板が掲げられています。
マンガ家の赤塚不二夫先生は、マンガ家になる前、父親の故郷新潟の看板店に勤め、映画看板描きの仕事を手伝っていたそうです。
そのご縁があって、青梅駅エリアに「青梅赤塚不二夫会館」が誕生したのです。

徒歩5分

【ゴール】青梅赤塚不二夫会館/[Goal] Ome Akatsuka Fujio Museum

昭和レトロな町並み(東京都青梅市)/Showa Retro streets (Ome,Tokyo )
赤塚不二夫先生の描いた「昭和」を堪能しましょうヽ( ̄▼ ̄*)ノ










-勝手モデルコース, 東京まち歩き★おすすめコース/Tokyo walking ★ Recommended course, 東京都/Tokyo, 青梅市/Oume-shi
-,

Copyright© 日本「再」発見 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.