御岳渓谷で紅葉ハイキング!遊歩道を散策してランチ♪(東京都青梅市)

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市) 東京 ハイキング

54年ぶりに、11月に東京に雪が降った翌日(2016年11月24日)に、御岳渓谷で紅葉を楽しみながらハイキングをしてきました(* ̄∇ ̄)ノ

1.JR御嶽駅の目の前!御岳渓谷への入口はここ

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)

昼過ぎに「JR御嶽駅」に到着し、橋を渡ったりうろちょろしているうちに「御岳渓谷」の入口をみつけました
御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
「JR御嶽駅」を背にして、大きな橋(御嶽橋)を前に見ます。
そうすると橋の手前の左側に上の看板が見えます。
ここが御岳渓谷への入口です。

2.御岳渓谷ハイキング

2-1.御岳苑地は、紅い絨毯のようでした

いったん神路橋方面に行き、橋を渡って戻り「沢井駅」を目指します。
「杣の小橋」をわたった「御岳苑地」が、紅くて。

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
まるで、紅い絨毯が敷き詰められているようで。
雪の白も美しいこと。
御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
紅×橙×黄色のトンネルができていましたヽ( ̄▼ ̄*)ノ

2-2.玉堂美術館

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
今回は立ち寄らなかったのですが、外から見るだけで素敵な美術館でした。
御岳渓谷には、いくつかの美術館があります。
ハイキングしながら、美術館鑑賞というのも風流ですね。

2-3.御嶽小橋

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
橋の両端に「雪」が積もっているのが見えますでしょうか?
この橋の線路側(電車がはしっている方面)が、御岳渓谷の一番のみどころかも知れません。

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
階段にも紅葉が。

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
紅葉を眺めながら、ベンチでくつろいだりもできます。

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
すすきと紅葉のコラボ。

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
14時前なのに、日が低いですね。

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
少し「沢井駅」方面へ歩き、振り向いたら「白い雪」「紅い紅葉」「青い空」とを一緒にみることができました。

2-4.鵜の瀬橋あたり

御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
遊歩道が紅い(* ̄ー ̄*)

3.御岳渓谷のお食事は「澤乃井園」がおすすめ

御岳渓谷の遊歩道沿いには、いくつか食事や軽食をとることができる場所があります。
お弁当持参で、景色のよいところで食べるのもよいでしょう。

管理人は「沢井駅」にほど近い「澤乃井園」がおすすめです。
なぜなら、眺めがよいからです。
御岳渓谷のお食事は「澤乃井園」がおすすめ
川がすぐそこ!の東屋で、お蕎麦、おうどんなどがいただけます。
小澤酒造の「澤乃井」さんが経営されているのでお酒も販売しています。
ちょっとしたおつまみもあるので、紅葉と多摩川を愛でながらお酒を嗜んでもよいでしょう。

管理人は「湯葉そば」をいただきました。
御岳渓谷のお食事は「澤乃井園」がおすすめ
散策をしてすいた小腹に、お蕎麦が温かかった。

「外は寒いっ」という方には「澤乃井」さんの系列のお店が二店舗あります。

▼澤乃井直営料亭 自家製豆腐ゆば懐石
ままごと屋

▼お豆腐を使ったお料理を気軽にお召しあがれるお食事処
豆らく

お財布に合わせて(苦笑)、選べますっ♪

4.寒山寺

寒山寺@御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
「澤乃井園」から楓橋を渡ると「寒山寺」があります

寒山寺@御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
こじんまりとしているのですが、

寒山寺@御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
天井画に「髑髏さん」がボタンの花バックでいらしたり、見応えありました。

寒山寺@御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
今は通行止めになっているのですが、このように風流な道も(ノ_・。)

5.沢井駅

沢井駅@御岳渓谷で紅葉ハイキング(東京都青梅市)
御嶽渓谷の看板を見つけたのが12:29。
沢井駅で写真を撮っているのが15:12。
写真を撮ったり、ご飯を食べたりしながらの2時間43分の小トリップでした。

もっと歩きたい方は、沢井駅のお隣の「軍畑駅」まで歩く手も。

▼「御岳山」に登るコースもよいでしょう。

御岳山ハイキング(東京都青梅市)/Mt.Mitake (Ome, Tokyo)
東京都内から2時間半弱でのぼることのできる「御岳山」。 古くから山岳信仰の対象となっているそうで、山上には武蔵御嶽神社が建立されています。 マイナスイオンを浴びつつ、黒い心が浄化できそう(* ̄∇ ̄)ノ と、お邪魔してきました。 ...

紅葉を眺めながらのちょっとしたハイキングに「御岳渓谷」おすすめです。

▼青梅市観光案内
https://omekanko.gr.jp/

タイトルとURLをコピーしました