石垣島の鍾乳洞【全3箇所】サビチ、八重山も観光して口コミ【雨でもOK】沖縄

【海に抜ける】伊原間サビチ洞 八重山諸島の観光/モデルコース

石垣島には、全部で三箇所の鍾乳洞があります。

  1. 石垣島鍾乳洞(市街地から近い!観光鍾乳洞の王道)
  2. 八重山鍾乳洞 動植物園(珍スポ好きにはおすすめ)
  3. 伊原間サビチ洞(日本「再」発見のイチオシ)

それぞれの鍾乳洞のおすすめポイントをシェアします。

1.【観光の王道】石垣島鍾乳洞

【観光の王道】石垣島鍾乳洞
石垣島の市街地から北へ約4km。
日本「再」発見は、拷問のようなゆるやかな坂を自転車で登り、石垣島鍾乳洞へたどり着きました。
県道208号線を行くと、こちらの石垣島鍾乳洞が先に、八重山鍾乳洞が奥にあります。
両方とも大きな看板がでています。
「こっちに行く」という強い意志がある方は、間違えのないようにしましょう。

「竜宮城」のような門に一抹の不安を感じながら、石垣島鍾乳洞へ向かいます。

【観光の王道】石垣島鍾乳洞
上から垂れてできた氷柱のような石柱と、下から育ったであろう石柱とが織りなす彫刻に圧倒されます。
【観光の王道】石垣島鍾乳洞
全長3.2kmのうち660mほどが公開されています。

【観光の王道】石垣島鍾乳洞
白くてキレイな鍾乳石にうっとり

【観光の王道】石垣島鍾乳洞
洞窟を探検する気分も味わえるし、鍾乳石を眺めるのもすてきで、「鍾乳洞」の王道が味わえます。

▼石垣島鍾乳洞 公式サイト
http://www.ishigaki-cave.com/

2.【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
八重山鍾乳洞 動植物園では、カーボーイさんが訪れる方を迎えてくれます。
八重山鍾乳洞 動植物園では、敷地内の数カ所に鍾乳洞があり、どこに何があるのか?ワクワクしながら探索する楽しみがあります。

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
ゴツゴツした岩があなたを迎えてくれます

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
ひとつめは小さめな鍾乳洞でして。
さあ、次の鍾乳洞へ向かいましょう

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
恐らくここが一番大きな鍾乳洞ではないでしょうか?
少し暗めで、ひとがあまりおらず、ワイルドな鍾乳洞です。

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
ゴツゴツした鍾乳石の間をすすみ

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
外に通じている部分にたどり着きました。

【敷地内を探検】八重山鍾乳洞 動植物園
鍾乳洞の暗闇の中でも植物が生えておりまして。
植物は人工的な灯りでも、光を目指してのびていくのだな、と思いました。

鍾乳洞を含め、放置プレイな印象のある八重山鍾乳洞動植物園です。
珍スポ好きだったり、楽しみは自分で探すもの!というあなたにおすすめです。

3.【海に抜ける】伊原間サビチ洞

【海に抜ける】伊原間サビチ洞
市街地からは距離がありますが、平久保灯台に行く道上にあります。
日本再発見は「伊原間サビチ洞」がイチオシです。
なぜなら、伊原間サビチ洞は、日本で唯一海に抜ける鍾乳洞だからです。
【海に抜ける】伊原間サビチ洞
鍾乳洞の奥へ奥へ進むと・・・

【海に抜ける】伊原間サビチ洞
海にでます。

【海に抜ける】伊原間サビチ洞
海から鍾乳洞をみるとこのようなカタチ

【海に抜ける】伊原間サビチ洞
反対側を見ると神秘的な光景が広がっていました。

ぜひ、足を運んでみましょう。

4.【地図】石垣島と離島巡りの旅

コメント

タイトルとURLをコピーしました