洞爺湖、長万部、大沼公園を観光しながら函館までツーリングしたコース(北海道)

洞爺湖、長万部、大沼公園を観光しながら函館までツーリングしたコース(北海道) ツーリング

長年ともに歩んできたパソコンが、疲れをみせるようになりまして。
お別れを決意し、写真の整理をしています。
2013年夏に、北海道、東北を12日間かけてツーリングしたコースをシェアします。
8月25日【8日目】は、苫小牧を出発し、洞爺湖、長万部、大沼公園で駒ヶ岳を愛で、函館へ向いました。

1.モーラップ樽前荘(支笏湖畔)から苫小牧を出発

モーラップ樽前荘(支笏湖畔)から苫小牧を出発
北海道限定ミルクテイストの「FIRE」を飲み、ラーダーハウスモーラップ樽前荘をあとにします。
大学生の頃から、たまに(5年に1度、とか)宿泊させてもらっています。
行くたびに、新しいことをはじめてて感心します。

▼モーラップ樽前荘
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/kankoannai/tarumaeso.html

2.きのこ王国大滝本店で、きのこ朝ご飯

きのこ王国大滝本店で、きのこ朝ご飯
管理人は珍スポ好きです。
「きのこ王国」の看板にときめいて、おじゃましました(* ̄ー ̄*)

朝ご飯に王国名物!きのこ汁と、きのこ入りのソーセージをいただきました。

▼きのこ王国 公式サイト
https://www.kinoko-oukoku.com/shopinfo/shop_ootaki/

3.洞爺湖!バイクを降りて散策がおすすめ

洞爺湖では、バイク降りて辺りを散策しました。

3-1.【必見】有珠山西山山麓火口散策路@洞爺湖

【必見】有珠山西山山麓火口散策路@洞爺湖
管理人が洞爺湖にきたら、ここに行っとけ!と一番おすすめしたい場所です。
2000年の有珠山噴火によってもたらされた被害を、直視することができます。

水の流れが変わってしまったのか、一帯が水没しています。

【必見】有珠山西山山麓火口散策路@洞爺湖
道路だった場所が、階段状になりました。

【必見】有珠山西山山麓火口散策路@洞爺湖
噴火のときに飛んできた岩などで、ボコボコになった建物と、美しい洞爺湖の対比が何とも

火山のエネルギーって、凄いですね。
そうした自然と、うまくやりすごし、付き合っていくしかないのでしょう。

3-2.とうや湖ぐるっと彫刻公園で、安田侃氏の作品に触れる

とうや湖ぐるっと彫刻公園で、安田侃氏の作品に触れる
安田侃氏は、北海道美唄市出身の彫刻家です。
そのご縁か、北海道のあちこちで安田侃氏の作品をみかけます。
とうや湖ぐるっと彫刻公園で、安田侃氏の作品に触れる
まあるくて、白いオブジェです。

洞爺湖畔には「とうや湖ぐるっと彫刻公園」といって、数々の彫刻が野外展示されています。
「インスタ映え」も期待できそうです。
全58基あるので、お気に入りを探しましょう。

▼とうや湖ぐるっと彫刻公園
http://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/art_culture/atc001/

4.長万部かにめし本舗かなやさんでかにめしランチ

長万部かにめし本舗かなやさんでかにめしランチ
長万部を通過する頃が、昼過ぎだったので、かにめしをいただくことに。
駅弁を買って、どこか景色のよいところで食べようかしら?と思ったら、イートインができました。
カニカマじゃなくて、ほんもののカニと言うだけで、大興奮( ̄‥ ̄)

長万部かにめし本舗かなやさんでかにめしランチ
長万部駅近くでは、顔出しまんべくんができるよ。
毒舌が、うつりませんように(祈)

▼長万部かにめし本舗かなや
http://www.e-kanaya.com/

5.国道5号線より海側!函館本線

国道5号線より海側!函館本線
国道5号線を、函館に向って南下中。
函館本線と国道5号線とが、あちこちで入れ替わります。

  • 海→函館本線→R5
  • 海→R5→函館本線

函館本線でも、北海道を旅してみたいものです。

6.大沼公園から、駒ヶ岳を眺める

大沼公園から、駒ヶ岳を眺める
あの駒ヶ岳にかかった雲が晴れないかしら?と待機中

大沼公園から、駒ヶ岳を眺める
北海道長万部限定「あめせん」食べながら

大沼公園から、駒ヶ岳を眺める
みんなで祈りを捧げたら、先っちょの尖りが姿を見せてくれました(* ̄ー ̄*)

▼冬に大沼公園を観光したよ

函館を3泊4日で【冬に、車なしで】旅したモデルコース(北海道)
2018年1月に、北海道函館を車なしで3泊4日で、ひとり旅してきました。 そのプランを、モデルコースとして掲載します。 【1日目】函館空港到着→五稜郭エリアへ 15:00頃に函館空港を出発!バスで五稜郭エリアへ向かいました。 1...

7.北海道最後の夜は函館観光!やき弁、食べましたっ

北海道最後の夜は函館観光!やき弁、食べましたっ
「函館」と言えば、この夜景!
観光客の多さを表現しました、
北海道最後の夜は函館観光!やき弁、食べましたっ
函館市地域交流まちづくりセンター

北海道最後の夜は函館観光!やき弁、食べましたっ
夜ご飯は、ハセストのやき弁。
函館名物:ハセガワストアで、やきとり弁当を買って、北海道限定のサッポロクラシックとともにいただきました( ̄▽+ ̄*)

やき「とり」とは言いますが、やき「豚」です。
ぶたさんが苦手なひとには向いていません。

▼冬に函館を3泊4日で観光したよ

函館を3泊4日で【冬に、車なしで】旅したモデルコース(北海道)
2018年1月に、北海道函館を車なしで3泊4日で、ひとり旅してきました。 そのプランを、モデルコースとして掲載します。 【1日目】函館空港到着→五稜郭エリアへ 15:00頃に函館空港を出発!バスで五稜郭エリアへ向かいました。 1...

さあ、これだけ北海道を満喫したので、翌日は北海道をあとにして、フェリーで青森(大間)に渡ります。

【地図】北海道・東北ツーリング

コメント

  1. […] 5年ほど前に、夏に大沼公園を訪問しました。 その時に見た駒ヶ岳がたいへん美しかったので、冬に訪れてみました。 […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました